• お金が無くなった時の生活

    • お金がなくなると、人間どうする?これは、身を持って経験しています。犬を飼っていなければ、自殺していたかもしれませんね。私の場合、月10万円の仕送りを親に頂いて生活しています。

      今、現在無職で都市部の生活保護費用より低い金額です。正直、都市部の生活は、しんどいです。ちなみに、数百件は履歴書を書いたと思います。地元が違って、年齢を重ねると、なかなか就職は難しいようです。

      私の場合、物を売りました。それと、やはり、スーパーで安くていいものを買いました。大阪には、スーパー玉出という店があるのですが、ほとんど毎日通いましたね。

      当たり前ですが、支出を抑える。そして、収入を得る。収入を得るのも無職なら無理ですよね。そこで窃盗する犯罪者もたくさんいますよね。

      私の場合、とにかく物を売りました。掃除機、オーディオ、時計、傘、財布、バイク、家具等ですね。勿論、マンションや自動車等も売りましたよ。

      ただ、日々のストレスは、それほど感じないんですよね。時間的にゆとりはあるし、一応餓死しないですしね。ただ、遊びやゆとりという部分は、全く欠如した生活ですよ。というか、そういうお金がないんですよね。

      お金がなくなると、遊べないでなく、お金がないから、遊べなくなるというのが適切な表記かもしれませんね。ただ、こういう生活を続けていると、物欲がなくなります。

      日本がデフレが続いていますけど、こういうマインドが続くと、消費活動が盛んにならないのも解かるような気がします。お金があれば幸せだと思いませんが、お金がなければ幸せにはなれません。ただ、その必要なお金のニーズは、年々下がっているように思うし、若者ほど要求額が少ないように思いますね。

    ページのトップへもどる

© 無職でもお金を借りることは可能なのか?. All rights reserved.